仮面高血圧・隠れ高血圧とは

 健康診断や医療機関へ受診した際の血圧は正常ではあるけれど、それは日常生活における血圧の極一部でしかありません。

 血圧は24時間常に変動しているため、一時の血圧を評価しただけでは、本当の意味での「高血圧症」を発見することはできません。

 そのため、医師が「自宅での血圧を記録してきて下さい」と指導します。

 病院での血圧と自宅での血圧の差が大きい場合は、「仮面高血圧・隠れ高血圧」などと呼ばれています。


仮面高血圧・隠れ高血圧の分類

白衣高血圧
 家庭での血圧は正常だけれど、病院での血圧が高くなってしまう方です。
逆白衣高血圧
 家庭での血圧は高いけれど、病院や健康診断などのでの血圧は正常である方です。
ストレス高血圧
 仕事中などの高ストレス環境下において、血圧が高くなってしまう方です。
 また災害などによるストレスも、見過ごすことのできない要因です。
早朝高血圧
 朝起床時に血圧が高くなってしまう方です。
 脳梗塞・心筋梗塞などの脳・心臓疾患は午前6時から正午に多く発症することが知られております。
 また睡眠時無呼吸症候群も、早朝高血圧に関与しているようです。
夜間高血圧
 通常、夜間寝ている間は血圧が下がりますが、それが下がらない方です。

検査方法

 一般家庭で測定することのできる血圧計が普及しています。

 血圧の気になる方やそうでなくても、普段のご自分の血圧を測定・記録することは、脳・心臓疾患の早期発見・予防のために望ましいです。

 また血圧計も他種類販売されており、その中でも上腕部に巻いて測定する機械がよいとされています。

 血圧を測る部位によって、値が変わってくるからです。

測定のタイミング

 朝起床後1時間以内に、トイレを済ませて、朝ご飯を食べる前・薬を飲む前に、座った状態で1~2分安静にした後、測定します。

 また、寝る直前(布団に入る直前)、座った状態で1~2分安静にした後、測定します。

 医師の指示があれば、その都度回数を増やして下さい。


専用の医療機器を使う

 ABPM(携帯式血圧測定監視法(Ambulatory Blood Pressure Monitoring))があり、24時間血圧を測定・記録することができます。

 当院には、この専用の医療機器を準備してあります。

お気軽にお問い合わせください。0278-22-1188受付時間 8:30-17:30 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら