診察日 月曜日の午後 火・水・木・金曜日の午前・午後、第3土曜日 午前

 詳しい診察日は、外来予定表またはお電話にてお問い合わせ下さい。

関節リウマチの最も特徴的な症状は、「関節の腫れ」が挙げられます。
その中でも最も発症しやすい関節の腫れは、手指・手首・足首の関節です。

  1. 朝目覚めた時、身体のこわばりが1時間以上続く。
  2. 身体の3カ所以上、関節が腫れている部分がある。
  3. 指の関節が腫れている。
  4. 左右対称で関節の腫れがある(例えば両膝・両肘など)
  5. 手のレントゲン写真を撮った時、関節に異常が見られる
  6. 皮下結節(リウマトイド結節)がある。

    皮下結節とは・・・後頭部やおしりといった皮膚の下にすぐ骨があり、外部から圧迫されやすい部分にコブシのようなしこりができます。そのコブシを皮下結節と呼びます。
    皮下結節には、痛みやかゆみなどの症状はありません。また関節リウマチ患者の約20%にこの症状が発症しています。

  7. 血液検査でリウマトイド因子が見つかる。

    関節リウマチ患者の80~90%が、リウマトイド因子が陽性を示します

上記のうち、ひとつでも当てはまるものがあれば、専門医の診察をお勧めします。

お気軽にお問い合わせください。0278-22-1188受付時間 8:30-17:30 [ 日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら