脳ドック 料金21,600円(税込)

脳MRI・MRAによりくも膜下出血や脳梗塞の予防・早期発見を

 日本の三大疾病の一つである脳卒中の患者数は現在約150万人と言われ、がん・心臓疾患に続 く死因の第3位になっています。脳卒中は脳の動脈が詰まったり(脳梗塞)、詰まった血液のかたまりが3時間以上たってから溶け、再び開通することにより出血(出血性梗塞-脳内出血)することで引き起こされます。どれも脳に重大なダメージを与え、最悪の場合死に至ります。また 一命を取り留めても、重度の後遺症が残る場合もあります。これらの病気は、発症する前の自覚症状がほとんどありません。事前に脳ドックで、脳と脳の血管に異常がないかをよく調べておくことが重要です。MRI検査は、約30分寝ているだけで脳の断面や脳血管を見ることができます。

このような方におすすめ

  • 喫煙される方
  • 脂っこい食事が好きな方
  • 飲酒の多い方
  • 運動不足の方
  • 肥満気味な方
  • 高血圧や糖尿病の既往がある方
  • ご家族にくも膜下出血など脳の病気の既往がある方など
脳卒中の5大危険因子:高血圧・糖尿病・脂質異常症・不整脈・喫煙と言われています。(国立循環器病研究センター・循環器病情報サービスより)当てはまる方はぜひ脳ドックをお勧めします。

検査項目

頭部正常例2
①頭部MRI
脳断面の撮影を行います。脳にかくれ脳梗塞、出血性梗塞や腫瘍などがないかなど調べます。
willisring7
②頭部MRA
脳血管の撮影を行います。脳の動脈に狭窄、閉塞、奇形や動脈瘤がないかなど調べます。
頚部MRA
③頚部MRA
胸~頚部の脳動脈を撮影し、脳卒中の原因となる狭窄がないかなど調べます。
  

※当院は画像診断専門クリニックのため、MRI検査のみ(採血・超音波検査等はなし)の簡易脳ドックとなります。あらかじめご了承ください。

 

オプションコース:もの忘れドック 追加料金2,160円
物忘れ検査(海馬萎縮度測定)
アルツハイマー病に代表される認知症を早期に発見するため、脳の萎縮を測定する検査です。通常のMRI検査に加え細かな断面を撮影し、画像を認知症診断支援ソフト(VSRAD)で解析し、海馬の萎縮度を数値で表します。 また脳機能スクリーニング検査(記憶力の検査や前頭葉の働きをみる検査)も行います。
脳ドック03脳ドック04

アルツハイマー病の例:
MRI画像では強い海馬の
萎縮が認められる(矢印部)

VSRAD解析結果は『2.27』と
「萎縮がかなり見られる」数値である

症例画像

脳ドック01脳ドック02脳ドック05
脳血管3D画像:
矢印部に動脈瘤が見られる
脳断面画像:
矢印部に腫瘍が見られる
脳断面画像:
慢性硬膜下血腫例(矢印部)

 

お申込み方法

    脳ドックの流れ

ご予約は TEL:027-234-7321 までお願いします。
   【受付時間 9:00~17:00】
(ただし、土曜午後・日曜・祝日・年末年始を除く)

お気軽にお問い合わせください。027-234-7321受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら