城西クリニックは「Achieva 1.5T A-series」を2台体制とし、待ち時間短縮を図ります。

Achieva 1.5T A-series

Achieva 1.5T A-series1Achieva 1.5T A-series2


 New Levels of Operational Excellence

 TR,TEをより短くすることを可能にするハイパフォーマンス・グラディエントを搭載し,受信チャンネルを最大32chシステムまで対応。
 新しい横隔膜同期技術であるMotionTrak Bodyや高速・高コントラストの3次元ダイナミック検査であるe-THRIVEなどの最新アプリケーションの使用も可能。
 施設ごとの検査方法に合わせてパターンを装置が学習し,位置決め・撮像・画像処理をアシストする機能であるSmartExamを使うことによって臨床現場を強力にサポートします。

<フィリップス エレクトロニクス ジャパン ホームページより引用>


参照画像

頭部、脊椎頭部整形(膝)
1.5頭部、脊椎1.5頭部1.5整形(膝)
整形(肩、肘)肝臓MRCP
1.5整形(肩、肘)1.5肝臓1.5MRCP
乳腺心藏冠動脈MRA
1.5乳腺1.5心藏

臨床例の画像

DWIBS冠状断像及びfusion冠状断像(70代男性 前立腺癌, PSA24.5 骨転移)